車検か買い替えか

車検に通すか買い替えるか、どちらがお得か。検討時のポイントと、50人のアンケート回答を紹介します。

 

車検か買い替えか考えるポイント


 

車検を通すか、新車・中古車に買い替えるかは車検が来ると一度は考えるもの。ここで紹介するポイントを理解して、トータル費用で考えることが大切です。

 

【走行距離】10万kmが目安


 

今まで何km走ったか?と同時に、経過年数に対して、どれぐらい走っているか?がポイントです。中古車市場では、1年に1万キロ走るのが基準とされていて、年数×1万キロ以上走っていれば、中古車としての価値が落ちます。また、10万キロ以上の走行車は、中古車を買う人も買いたがらないので、査定額はほとんどなくなってしまいます。

国土交通省の「自動車燃料消費量調査」によると、地域により差がありますが、1年に1万キロが標準です。関東・中部がはそれ以上になります。

よく乗る人(1年1万キロを超えている)

 

車通勤や仕事で車を使用している場合、1年1万キロは超えます。1年で3万キロ走っている人もいます。そういう場合、中古車としての価値も低く、車を買い替える事も多いと思うので、乗り潰した方が良いでしょう。既に不具合が目立つなら買い替えのほうがいいですが、まだ不具合がないなら、継続して乗り続けましょう。

 

車検を受ける場合、部品交換が必要になることも想定して、部品交換代も含めて見積もりを複数社に依頼して、安く車検代を抑える事を考えましょう。
>>車検費用を下げるには?

 

あまり乗ってない人(1年1万キロ未満)

 

普段車に乗っていなくて、お出かけの時など必要な時しか乗らない場合、年感5千キロ前後で済みます。その場合は次の車検まで乗り続けるもよし、気になるモデル(新車)があるなら買い替えてもよいでしょう。

 

ディーラー下取りと違い、思わぬ査定額がつくことで買い替えに前向きになることがあるので、一度中古車査定をしてもらうこともおすすめです。
>>車を高値で売るには?

 

維持費をとことん下げたいなら、車検代も一度見直してみましょう。いつもお願いしている車検屋さんと、他の車検サービスを比べてみると、お得な車検が見つかりますよ。
>>車検費用を下げるには?

 

【事故・修復歴】車の状態を考える

 

 

査定時の事故歴と修復歴は違います。事故を起こしてなくても、骨格(フレーム)部の交換・修復(修正・補修)した車両は修復歴ありとなります。逆に外側部分のバンパーやへこみ・塗装を直した程度では修復歴はつきません。大きく査定に影響するポイントです。

 

修復歴あり

修復歴がある場合、走行距離が少なくなければ、中古車としての査定額が期待できませんので、そのまま乗り続けてもよいでしょう。

 

無事故・修復歴なし

新車同様の状態が保てていて、走行距離が基準より少ないなら中古車としての価値が高いので、買取査定をしてもらい、納得のいく査定が出たら買い替えを検討すると良いです。修復歴もなく、走行距離も基準より少なければ欲しがる人がいるので、高額査定をつけてもらえる可能性が高いです。
>>車を高値で売るには?

 

気になる不具合がある

エンジン音が気になる、エアコンが壊れているなどの場合、車検時に部品交換をしてもらうことになります。部品交換費用は車検業者によって大きく異なるので、複数業者に見積もりをお願いして、できるだけ安く車検を通してくれる業者を見つけましょう。
>>車検費用を下げるには?

 

【年式・モデル】新車の価値は6年まで?

 

 

新車の価値が保たれるのは、製造されてから6年までが目安です。6年を過ぎると、中古車として販売するときの価格が大きく下がります。また、車がモデルチェンジをしている場合、前モデル・前々モデルとして旧式車扱いになります。最新モデルが中古車の買い手に人気なのはいうまでもありませんが、人気車種なら前モデルでも十分に価値があります。

 

新車として2回目の車検(6年未満)

6年未満でも走行距離が基準を超えている場合、総走行距離が10万キロ以上だと中古車としての価値は期待できないので、乗り続けるとよいでしょう。6年未満で走行距離が基準未満の場合、中古車としての価値が期待できるので、一度査定をしてもらい、思ったより高値がつくようなら新車購入を検討しましょう。
>>車を高値で売るには?

 

6年以上の車

車の車種としての価値は落ちていますが、人気車種で走行距離が少なく状態がよければ欲しがる人は多く、高額査定が期待できるので、中古車査定してもらいましょう。そうでなければ、最後まで愛車として乗り続けるとよいでしょう。6年目以降は車検時に部品交換を提案されることがあるので、複数の車検会社に見積もりを依頼し、納得のいく業者に整備をお願いするとよいです。
>>車検費用を下げるには?

 

車検費用を下げるには?

 

>>簡単に最安値の車検を調べる無料サービス

 

車を高値で売るには?

 

車を乗り換えるとき、今の車をどうするか?というと、次の選択肢があります。

 

ディーラーで下取りしてもらう


ディーラー下取りでは下取り査定額を上げてもらうことが難しく、次の車の頭金になるため査定額の根拠があいまいになってしまいます。つきあいのあるディーラーで下取りしてもらうにしても、下取り価格を上げてもらうには、自分の愛車の相場を知って、ディーラーの言い値が適切かどうか判断しましょう。

 

愛車の相場を知るには、中古車買取店で査定をしてもらう必要があります。インターネットの査定サイトで買取相場を見てみましょう。

 

>>査定サイトで買取相場をチェック

 

中古車買取専門店に買取してもらう

ガリバーやビッグモーターをはじめ、CMでも見るのが中古車買取専門店です。買い取った車を販売しているお店もあります。お店によって顧客層(軽自動車重視?ファミリー重視?特定車種重視?など)が違うため、得意な車種・欲しがっている車が違います。得意な車種はすぐに売ることができるため、高値でも買い取りますし、不得意な車種は買い取っても売れないか、売れずにオークションに出すためあまり高値をつけたがりません。

 

中古車買い取り中古車買い取り専門店で高額買取してもらうには、3社程度に自分の車を見せて、実際の買取額を査定してもらうことです。面倒かもしれませんが、買取店によって10万円以上の差がつくことがよくあるので、複数社に見せないと損します。

 

>>高く売れる買取店の簡単な見つけ方

 

廃車にする

 

廃車専門の買取業者があるのを知っていますか?普通、廃車の場合は、車を買ったディーラーや販売店に依頼していると思います。ですが、廃車専門の買取業者に売れば、なんと現金が手に入り、廃車費用も抑えることができます。

 

>>廃車専門の買取店はこちら

【50人アンケート】皆の考えと平均車検費用

乗り替えが頭に浮かぶとき、どんな事を考えているのでしょうか?

 

経過年数5年以下の場合、さすがにまだ乗り替えは考えません。

 

・乗り換えは考えませんでした。
・まだ走行距離が31000kmでエンジンの調子も良いし、10万kmぐらいまで乗れればいいなと思っています。
・あとどのくらいの年数乗れるかわかりませんが、いけるところまでこの車で運転を楽しみたい。
・乗り換えの時期は、車の状態が最悪状態になってしまえば検討する。

 

中にはこんな人も。
・次回、車検は2年後で、車のローンもちょうど終わる時期と重なります。車検の前に新車に買い換えてしまうのも1つの手かなと思っています。

 

経過年数6〜10年の車検の平均費用は10,7000円

 

・子供が産まれるタイミングで買い替えを検討しましたが、軽自動車の小回りの良さと、維持費の安さに惹かれていて、どうしても買い替えたくなるまで、乗り続けようという結果になりました。
・燃費が良いハイブリットカーへの買い替えも魅力的で、特にフィットに興味を持っていますが、現在は予算的に厳しいのでしばらくはこのまま乗り換えせずに乗り続ける予定。
・6万キロくらいしか走行してなくて、エンジンも大丈夫だったので、車検を受けて乗ることに。
・愛着があるので、乗っている車に不具合が多くなるまで買い替えは考えません。
・車体のバランスが悪いのでそこも修理するとかなりかかるかもしれないといわれ、何度か乗り換えを進められました。
・子供の一人が近々、免許を取得する予定なので、新車に傷をつけるのも嫌だと思い、子供が車に慣れるまで、もう少し乗ることに。
・車検費用が思ったより安く上がったので乗り換えは考えなかった。
・今は新車を購入する余裕が無い事と、買うなら欲しい車が良かったため車検を通す事になりました。

 

11年以上の車検の平均費用は10,6000円

 

・高いといっても、今の愛車は気に入っておりまだまだエンジン、足回り共に快調ですので、泣く泣く車検を通すことにしました。
・他の軽自動車にこの車ほどの魅力を感じません。
・走行距離がまだ10万kmまできていないし、トヨタだから持ちがいいだろうし、まだ子どもも小学生でシートを汚したりする(男の子)だろうしといろいろ考えて結局今回は車検を通しました。
・車検も11年ともなると高いだろうと思っていたら、意外と安く済みそうだったので、受けることにしました。
・軽自動車で限界まで乗りつぶそうと考えていましたので、乗り換えは考えずそのまま車検を受けることにしました。
・まだ乗れるならいいやという感覚で乗り換えすることを検討することもせず車検をお願いしました。
・大きな車を買っても、2〜3年で家族で出掛けることも無くなるかもしれない…。
・古い車のため税金も上がり、ベルトの交換等、そろそろ維持をするのが勿体無く感じてきたので、恐らく次の車検では車を買い替えるか、車を廃車にする。
・新しいオデッセイがでて気になったので車検は今回が最後かな。

走行距離・メーカー車種・年数別にアンケート回答を見る

使用年数12年のエスティマ。車検を受けず新車を購入しておけば良かったと後悔。

平成15年式のエスティマアエラスS。
走行距離12万キロ。
(37歳・男性)

昨年12月に平成15年式のエスティマアエラスS、走行距離12万キロの車両になりますが、いつもお世話になっていた、ネッツトヨタにて車検を行いました。

 

車検を受ける約1月前に、ネッツトヨタの営業マンからそろそろ車買い替えませんかと言われ、それまで全然、新車購入のことは考えてもいませんでしたし、車検を受けるつもりでした。

 

しかし、その営業マンの言葉から私たち夫婦は買い替えを検討しだし、売却価格などを知るために査定などもしてもらいましたが、長年大事に乗り続けた愛車の査定金額が、あまりにも安すぎることと、その時点では、欲しい車種などもなく、また、ネッツでは人気車種は3ヶ月待ちと言う事もあり、新車購入は2年後に先送りすることに決め、車検を受けました。

 

車検金額はキーレスエントリーの修理も含め15万円くらいだったと思います。しかし、今年の2月に入ったくらいで、急にエスティマのパワステが効かなくなり、あいにく妻一人で運転していたため、どうすることも出来ずディーラーに引き取りに来てもらい、見積もりを取ったところかなりの高額でした。

 

車検を受けたばっかりの最悪のタイミングで新車購入を決断し、ネッツトヨタに見積もりや下取りの価格を相談したところ、下取り価格はないと言われ、ショックを受けましたが、日産のエクストレイルのブラックエクストリーマーが格好良かったので、見積もりをお願いしたところ、かなり安く、下取りも車検代の15万は出してくれると言うのでお願いすることにしました。

 

結果論ですが、車検を受けず新車を購入しておけば良かったと後悔しています。

 

ディーラーの下取り価格は言い値以上にならないため、買取専門点に査定をお願いすると良かったですね。
>>一番高く売れる買取店の見つけ方

経過年数14年のMPV 。乗り換え購入をしたとしても0円だったのがショック。

車検時の走行距離は、98,700キロ。
車検時の経過年数は、中古車でしたので、14年式を2年落ちで購入したので、13年ぐらいかと思います。
(43歳・女性)

車検の見積り金額(支払い金額)は、購入した中古車センターでの査定額は0円で、インターネット一括査定では、1社は25000円、2社目は30000円、3社目は15000円でした。乗り換えを考えてたので、ディーラーにも行ってみたところ、新車を購入すると、30000円でした。

 

車検をお願いするお店の選び方は、必ず、無料査定・見積書を出してくれるところにしました。あと、たまに、見積もり依頼だけで、クオカード500円とかのプレゼントがついているところにしました。

 

初めは、中古車での乗り換えを考えていたので、査定に出す車を購入した中古車センターに査定見積もり依頼をしましたが、乗り換え購入をしたとしても0円だったのがショックでした。

 

次に、インターネットでの一括査定に登録すると、住所近くの中古車センターで、査定・買い取りを扱っているお店が出てくるので自分で選ぶと、そのお店から電話があり、現状の車の状態やカラー、年式・走行距離・排気量などを聞かれて、それをパスしたら、査定来店日の予約をするという感じでした。

 

なので、詳細を聞いただけで、車を見ることなく、その場で査定する業者もありました。車の乗り方は、もともとせっかちではないので、急発進・急ブレーキをしない、エコドライバーを意識してました。その方が燃費も良くなりますし、ガソリン代節約にもなるので。

人気車種でも10年以上の車で10万キロを超えると誰も買う人がいなくなってしまいます。車検の都度、中古車査定をしておくことで、愛車の価値を把握できますね。
>>一番高く売れる買取店の見つけ方

経過年数8年のウィンダム。車検は毎回色々なお店をインターネットなどで調べ選定。

車検時の走行距離100000キロ
車検時の経過年数8年
(34歳・男性)

車検の見積り金額は98000円でした。新車に乗り換えたかったが予算的な問題で車検を受けました。

 

車検をお願いするお店の選び方私は車検は毎回色々なお店をインターネットなどで調べ選定しています。なぜかというとお得なキャンペーン等2年のうちにお店ごとに様変わりしていくので、その都度調べるようにしています。

 

お得なキャンペーンとは、例えばガソリンスタンドの場合「いまならガソリン2年間5円引き」「いまならオイル交換無料」等のキャンペーンです。この時注意したいのはお得なキャンペーンが付いている分車検料が割高なら意味がありません。

 

次に車検をお願いするお店の選び方としてはなんといっても自社工場で車検を行えるお店にお願いします。なぜかというと自社工場の無いお店は他の業者に作業等を委託して行っている分割高になっているのと、車検をお願いしたお店から車検を出来る工場に車を移動するので待ち時間が長いというデメリットがあります。某有名カー用品店はこのような手法が多く見られるので私はお願いしません。

 

また自社工場がないと車検を担当するスタッフと直接会話する機会がないので、車検に直接関係の無い情報などを教えてもらえません。バッテリーが弱っていることやオイルの滲みが気になる等の情報です。

毎回車検業者を賢く選んでいるみたいですね。お得なキャンペーンは楽天車検の一括査定など使えば簡単に調べることができますよ。
>>安くて満足できる車検場の見つけ方

経過年数3年のマーチの車検、ディーラーで11万円、エネオスで10万円、車修理会社で7万円。

車検時の走行距離は、29000キロ
経過年数、3年
(女性)

はじめに見積もりをおねがいしたところは、日産ディーラーで、見積り金額は11万でした。少々高い印象だったので、近所の車修理会社に見積もりを依頼したところ7万でした。ですので、そちらで車検を依頼しました。

 

車検当日は、業者が車を取りに来てくれて、終了したら戻しに来てくれました。実際の支払いは、7万で、エンジンオイルも交換してくれました。まだ、3年目で車も故障などなく順調に動いていたので、乗り換えは検討しませんでした。次回の車検では、乗り換えも多少検討していますが。

 

ガソリンスタンドにも見積もりをお願いしたところ、ディーラーと、あまり変わりない金額で10万でした。ほとんど金額が変わらないのであれば、ディーラーの方が安心感がありました。ちなみに、見積もりを出したスタンドは、エネオスです。車検見積もりで、ボックスティッシュを頂きました。

 

車検をお願いするお店ですが、ガソリンスタンドなどで、車検キャンペーンも見かけます。見積もりのみでもサービスがあるので、時間のある方は、見積もりを出してサービスを頂くのもよいかもしれません。

 

今回お願いした近所の自動車修理工事は、安くて早くて、自宅から一歩も出ずに、全てを行ってくれました。ディーラーも、車を取りに来て、代車も貸してくれるとのことでした。時間のない方は、代車サービスや自宅まで取りに来て頂けるディーラーがよいと思います。

複数業者に車検の見積もりを依頼することで、条件の良い業者が見つかって良かったですね。
>>安くて満足できる車検場の見つけ方

安くて満足できる車検場の見つけ方


悩んでいるなら、まずは車検の見積りをとってみるといいですよ。
ディーラーは問答無用で一番高くなってしまうので、
オートバックスなどのカーショップ、小規模の自動車ショップ、近所の自動車整備工場など、
いろんなタイプの車検サービスで見積もってもらうとよいでしょう。

 

そうすることで、全然違う価格を提示されたり、
価格が安い分、どこかサービスを我慢することになるかもしれませんが、
あなたのフィーリングに合う車検業者が見つかります。

 

車がこれだけ普及している日本ですから、車検業者はあちこちにあります。
近所に1つの車検場しかないってことは絶対にありません。

 

そこで便利なのがネットの車検サイトです。
おススメは「楽天車検」です。
楽天はあの有名な楽天なんですが、その楽天が車検場の検索サービスを提供しています。
楽天会員の方はここから申し込むと500ポイントつくのでお得ですよ。
↓↓↓
↓↓↓

【上の画像の説明】自分の郵便番号を入力して、店舗を探すボタンをクリックしましょう。近所の車検場を検索できます。

 


【上の画像の説明】私の家の近所には115件も車検場があるようです。品川オートセンター、富士自動車整備工場・・・いわゆる町の車検場が上の方に出てきました。ディーラーより確実に安いです。

 


【上の画像の説明】続いてDrDriveとかオートバックスなどの有名な整備場が出てきました。町の車検場より安かったりします。会社としても知名度があるので安心感はありますね。

 


【上の画像の説明】オートバックスの詳細ページを見てみました。参考価格の内訳として基本料金と法定費用に分けて表示されているので、実質の工賃も分かりますね。下の方に割引メニューというのがありますが、早期割引など使えたらラッキーです。

 


【上の画像の説明】車種を軽自動車、小型乗用車、中型乗用車、大型乗用車の中から選択して、表示切替ボタンを押すとあなたの愛車に応じた車検代金が表示されます。ぜひチェックしてみましょう。

 


【上の画像の説明】気になる業者が見つかったら2つぐらいに見積もりを依頼してみましょう。楽天会員の方は、名前や連絡先など面倒な入力が省けるので便利です。

 

>>楽天車検はこちら

 

一番高く売れる買取店の見つけ方

 

愛車の価値を低く見積もらないようにしましょう。

  • 愛車の現在の査定額が気になる。
  • 3年しか乗ってないけど、で10万キロ走っている。
  • 12年も乗ってるけど買取してもらえるの?

 

中古車屋さんはお店によって得意な車種が違い、欲しがっている車も異なります。あなたの愛車を欲しがっている業者が運よく見つかれば、「0円と思っていたのが10万円の値がついた!」とか、「え?ディーラーより20万円も高く査定してくれるの?」という事は日常茶飯事。複数業者に見積もりを依頼し、高く評価してもらえる業者を探しましょう。まさかの見積もり価格が、新車購入に踏み切るきっかけになりますよ。

 

買取額の査定をお願いするときに活用したいのが、無料ですぐに使えるネットの一括査定サイト。簡単な車情報の入力だけで、複数業者に見積もりをお願いできるのでとにかく便利。無料申し込み後にすぐに買取相場が表示されるサイトが人気です。

 

かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイドは、一括査定サイトの中で一番人気。運営母体が東証1部上場の(株)エイチームなので安心で、ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど大手買取業者の査定を受けられます。

 


人気の理由は、申し込んですぐ次の画面で査定額が表示されるから。過去の査定額データベースを元に概算の査定額が表示されます。

 

実際の査定額は買取業者さんからの連絡が来るまでのお楽しみ。

 


>>かんたん車査定ガイドで買取相場をチェック

 

楽天 無料愛車一括査定


ショッピングで楽天を利用している場合は楽天の一括査定がおすすめ。簡単な情報の入力だけでOK。

 


郵便番号を元に、近所の査定業者を表示してくれるので、お願いしたい業者を選択します。高額査定のために2つ以上のお好みの業者を選択しておきましょう。楽天はすぐに買取相場価格は表示されませんが、査定業者を指定できるので安心です。

 


>>楽天 無料愛車一括査定はこちら